海外FXの税金について 確定申告の方法

海外FXの税金の納め方には次のポイントがあります。

その業者が
金融商品取引法に規定する登録許可をもらっているかどうか

ここが申告をする際のポイントとなります。

金融商品取引法に規定する登録許可をもらっている場合

金融商品取引法に規定する店頭デリバティブ取引
 となるので、国内のFX業者と同じ様に
 申告分離課税
 となります。
 税率は一律20% 赤字の場合は翌年に繰り越せます。

 しかし、海外FXはほとんどが許可されていません。
 ってゆうか許可されてしまったら、レバレッジ規制の対象となるので、
 レバレッジの高い海外FXにした意味がありません。。。

なので、ほとんどがこちらの場合となります。

金融商品取引法に規定する登録許可をもらっていない場合

総合課税
 となります。
 税率は15%~50%

 詳細
 ・利益が195万円以下:15%
 (所得税:5%+住民税10%)

・利益が「195万円超330万円以下」:20%
 (所得税:10%+住民税10%)

・利益が「330万円超695万円以下」:30%
 (所得税:20%+住民税10%)

・利益が「695万円超900万円以下」:33%
 (所得税:23%+住民税10%)

・利益が「900万円超1,800万円以下」:43%
 (所得税:33%+住民税10%)

・利益が「1800万円超」:50%
 (所得税:40%+住民税10%)

 え!税率だけ見ると総合課税の方ががっぽりとられんじゃん!
 っておもいますよね?

 でも、じつは総合課税の方がお得になる場合があるんです!!
 それは個人事業主、または会社を設立すればいろんなものを
 経費として計上できるので、極端に言えばその会社を赤字にしちゃえば
 払う税金は「ゼロ」にすることができるんです。
 (消費税は別です。ここでは所得税の話です。)

 海外のFXで儲けた場合はぜひ個人事業主としての登録をお勧めします!

ログイン

Ninja Tools

外国為替のリスクについて
外国為替証拠金取引は、外国為替(外貨)など、値動きのある商品に投資します。投資中の外貨あるいは通貨ペアが価格変動した結果、お客様の投資元本に損失を与える場合がございます。 特に為替の場合、平日24時間、常時取引が行われているため、常時価格変動している可能性があります。 また、株式等と異なり、値幅制限が制度上存在しないため、短時間で価格が大きく変動する可能性があります。当サイトは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したサイトではありません。海外在住の日本人の方を対象にしています。