海外FX比較ランキング

海外FX業者選びの比較ポイント

ポイント1.レバレッジ

海外FX最大の特徴は、なんといってもレバレッジの高さです。

このレバレッジが高ければ高いほど、手持ちの資金が少なくてもより高い投資額で

取引をすることができます。例えば手持ちの資金が1万円でもレバレッジ1000倍であれば

1000万円の取引をすることができるのです。

日本ではこのレバレッジに規制がかかってしまいました。

現在は25倍までしか取引できません。

一発逆転!を狙うならよりレバレッジの高い海外FXをお勧めします。

海外FXレバレッジ比較ランキングはこちら

ポイント2.スプレッド

スプレッドというのは売値と買値の差額のことを言います。

例えばドル円でスプレッドが0.05の場合は

売値が97.00、買値が97.05ということになります。

つまり、97.05を買った時点で0.05の損失が生じます。

このスプレッドが小さいほど初期の損失が小さくなるので、

より有利な取引ができるというわけです。

また、日本の業者にあるのですが、スプレッドが「0」という業者があります。

これはなぜかというと、手数料を取っているのです。

これも善し悪しなので、自分の投資スタイルに合った業者を選べばよいのではないでしょうか?

スプレットに関しては日本では規制はないので、レバレッジの規制がある分、スプレッドの大きさで

業者間では争っている部分があります。

ゆえに、日本の業者のほうがスプレットが小さいところが多いですが、

海外FXの中にもそれ以上のクラスの業者がいくつかあります。

詳細は以下のページをご覧ください。

海外FXスプレッド比較ランキングはこちら

3.「約定率」100%は当たり前

約定率というのは注文した時のレートと約定時のレートが動いている場合があり、

これをスリップページといいます。

相場の動きが激しいときはよくあることですが、ハイレバレッジでの短期取引の場合、

1銭の違いでも大きな金額になってきます。

また、日本のFXでは値動きが激しいときはなかなか約定してくれないことがよくあります。

しかし海外のFXではこの約定力が100%というのが当たり前。

せっかくの取引チャンスを逃しません。

4.手数料無料も当たり前

これはほとんどのFX会社が手数料無料となっているので、手数料無料というのは当たり前です。

しかし中には、スプレッドが「0」という代りに、

1回の取引ごとに手数料を取るという業者がまれにあるようです。

どっちがいいかは自分の投資スタイルに合わせて選択されるといいかと思います。

5.日本語によるサポートがあるのは当たり前

英語が苦手な人にとっては、日本語サポートは必須です。

どんなに信用ある会社でも、言葉が伝わらなければ不安ですよね。

不安を解消するうえでも日本語サポートは大事です。

ログイン

Ninja Tools

外国為替のリスクについて
外国為替証拠金取引は、外国為替(外貨)など、値動きのある商品に投資します。投資中の外貨あるいは通貨ペアが価格変動した結果、お客様の投資元本に損失を与える場合がございます。 特に為替の場合、平日24時間、常時取引が行われているため、常時価格変動している可能性があります。 また、株式等と異なり、値幅制限が制度上存在しないため、短時間で価格が大きく変動する可能性があります。当サイトは、日本在住の方に向けた勧誘を意図したサイトではありません。海外在住の日本人の方を対象にしています。